読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか思い出した

 気を抜くとメンヘラの自己催眠記録みたいになる。別にいいけど。なんていうかもっとどうでもいい日記を書きたい。小説に関係することとかしばらく書かなくていい気がする。





 人として立派になることはどうでもいいけれど、人として立派になることがぼくの目的に役立つのなら頑張ろうと思う。






 どうでもいい話なのだけれど、以前格ゲーをしていたことがあった。

 なぜかというと動画サイトで見かけたあるキャラのエピソードムービーを見て感動して泣いたからだった。そのムービーを見たときからそのゲームが終わるまでずっと同じキャラを使い続けた。でも今は後悔している。それはゲームで時間を無駄にしたからではなくて、そのキャラでもっと先に行けたはずだからだ。ぼくは中の上だか上の下だかくらいの位置まではがんばったけどその後だらだらし続けた。

 あのゲームが終わった後ぼくはもうさっぱりゲームをしなくなった。当時ぼくは周囲からゲーマーだと思われていたけれど、実際ゲームはどうでもよくて、ただ単にあのキャラと行けるところまで行きたかっただけなのだ。実は新作にもそのキャラは出てるけどムービーを見てもいまいちノレなかったのでやってない。






 ところで、この文体の素は荻原規子の日記だ。まだ彼女が個人ホームページで日記を書いていた頃、ぼくは高校生で、毎日日記を読んでいて、彼女がすすめる児童書をかたっぱしから読んでいて、彼女がほのめかす文章作法から自分の文体を作り上げようとした。当時のぼくは彼女のファンでそのまなざしに共感していた。そしてその文体はとても綺麗なものに思えて、是非身につけたかった。




 あとは都和だ。当時ぼくはネット上で見つけた都和というイラストレイターのことを気に入っていて、彼女の日記の文体模写を行なっていた。





 ぼくは他人の文体模写をすれば自分の頭をぶっ壊してもっとマシな生き物に生まれ変われると思っていた。思春期特有の意味不明な劣等感と焦燥感で毎日死にそうになっていた。生まれ変わりたかった。


 でもたぶんそれは今も変わらない。







 自分でなくなりたいがために文体模写をする人間の小説を書くとしたら、それをぼく自身の話でなく単なる小説として書くことができるだろうか。でもそうでなければ書いたって無意味だ。