お話の類型

 お話の類型について。

 

 

 ①事柄

 お話には一つの軸となる事柄がある。最初に何かがはじまり→最後にそれが終わる、という軸。だから最初に殺人事件があったのならば最後までそれに関することでなければならない。事件の解決自体が軸にはならないとしても、同じ犯人との対決とか、その事件で受けた衝撃からの回復とか、何かしらの軸は一貫しているべきだ。でなければその話は破綻している。

 

 ②人間関係

 お話には一つの軸となる人間関係がある。AさんとBさんの話としてスタートしたのなら、それは最後までAさんとBさんの話であるべきだ。AさんとBさんの関係についてスタートしたのにAさんとCさんがハッピーエンドを迎えてBさんがフェードアウトしているのならそのお話は破綻している。